【Day4】ほら俺が指値置いてるときだけオーバーシュートするやん。(2020.10.02→10.03)

昨日はトランプ大統領のコロナ陽性報道で為替も株も大きく揺れましたね。大統領は軽い症状があるようで、今後どうなるのか大統領選のラストスパートの時期だけに、市場にも先行き不透明感が増してきました。

また、日本ではまた落ち着いてきた感もあるコロナですが、ヨーロッパではイギリスやスペインなど再拡大している様子。

こういった状況を受けて一気にリスクオフムードとなるのか、来週頭の流れに要注目ですね。

相場の状態を確認

さて、昨日はというと大統領の陽性ニュースに続き、米雇用統計の発表もあり、若干振り回されましたが、結果的には少しプラスで終えた感じです。

その中でも一応勝ったトレードを詳しく記録に残したいと思います。今回も豪ドル/円ですね。

まず日足です。

全体の流れとしてはコロナショックで大きく下げた3月から数ヶ月上昇トレンドが続いていましたが、ようやく下げに切り替えてきたかな、という所です。

なので、下げ目線で見ています。次に4時間足ですが、

雲の上限まで来て、そろそろ戻しも終わらないかなーと、反落してきたらショートしたい気持ちで見ていました。

1時間足で見ると、節目の76円にタッチしてやや強めの押しが入っていました。こういうのをきっかけにして、V字ターンすることも多い豪ドルですが、もちろんそうじゃないことも多々あるので、しばらく様子見します。

エントリー&決済

5分足でしばらく様子見しますが、なんだかダラダラした動きです。しかし、再度76円を超えていくような強い動きは見えず、短期的にはレンジに入ったかなという感じです。

なので、少し上げてレンジ上方に来た所で打診的にショートエントリーしました。もし76円を超えてきたら撤退しようと決めます。大した損にはならないので。

その後はうまいこと下げてきて、強くはないもののここから順調に下げてくれば、下げトレンドに入ることを期待できます。

少し下に1時間足の長期EMA(前回これにタッチして反発)があったので、利食いの指値注文をここに置いておきました。そこで反発したらまた様子見で、さらに下げれば再度ショートすればいいや、と思っていました。

と思ったら、一気に急落!指値注文を飛び越してガーッと下げました。ツイッターで調べるとトランプ大統領の陽性ツイートがあったようです。

こういうのがあるんで、あんまり普段利食いの指値は置かないんですが(置いても遠目に置く)、置いたときに限ってオーバーシュートですよ。

また裏目・・まあちゃんと40pipsほど利益は取れたからいいんですけどね。ただもう少し持ってたらさらに大幅に増やせたと思うと、はあ・・悔しいですね。

その後は、私の指値決済からさらに50pipsぐらい下げたところで反発しました。

ほんと利食いって難しいですよね。まあ、薄利撤退最強説も自分の中ではありますから、とにかく利食いできたから良しとすべきかな。

2020.10.02の結果
  3勝1敗
  総損益:10,386円

今後に向けて

利食いの難しさを再認識しました。指値置いといた方がいいときもあれば、伸ばせるだけ伸ばした方がいいときもありますよね。

現在:83,491円 

実際は、キープしてるショートポジションが含み損を5,000円ぐらい持ってるので、これを書いてる時点での残高はもう少し少ないです。今回のショートはしばらく長めに持とうかと思っているので。(続く…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です