【Day19】欧州勢参加のタイミングの流れにうまく乗った(2020.10.23→10.24)

これを書いている今日は10月26日だが、、話題の映画「鬼滅の刃」がまたもや記録を塗り替えたとのこと。史上最速10日での興行収入100億円突破らしい。これまでの1位は25日で100億突破の「千と千尋の神隠し」らしいので、めちゃくちゃ大幅な記録更新だ。

いやもう、ものすごいブームだ。そもそもストーリーが良いというのもあるんだろうけど、アニメーションの美しさが一際目を引く。主人公の炭治郎が使う「水の呼吸」では刀から浮世絵風の水が走り生まれるような演出だが、これがめちゃくちゃカッコいいのだ。きっと原作の吾峠さんが思い描いたような、いやもしかしたらそれ以上の美しい演出だろうと思う。もちろんアニメーションだけでなく、ストーリー、キャラクター、声優、音楽、すべてがベストミックスしているように思える。もはやタイアップするや何もかも売れまくるお化けコンテンツとなった訳だが、それも納得。

最近明るい話題が余りない中、今年いや近年一番の大ヒットといえるだろう。このまま新しい記録をどんどん出して欲しいし、少し気が早いようにも思えるが吾峠さんの2作目が待ち遠しい気もする。

相場の状態を確認

さて、前回の振り返りだが、また豪ドル/円の取引を見ていきたい。今回は、久しぶりに一応成功トレードを見ていきたい。

まず日足はこんな感じ。

何ヶ月も続いた上昇トレンドがいい加減向きを変えてきたところで、直近の安値を下抜けして本格的な下降トレンドになるか、反発してレンジになるのか、という感じに見えます。

4時間足では、数日続いた下降トレンドが日足で見たときの抵抗帯付近で何度も反発している。これを下抜けすればショートで入りたいところだったが、下抜けできずにチンタラしている間に、下降トレンドラインを強めに上抜けしてきた。なので、上目線で様子見していきます。

一気に上に上げていくことも期待してトレンドライン抜けた時点でロングエントリーしてたんだけど、節目の75円の手前であっさり戻してきちゃったので、建て値決済して再度どこから上げるかを眺めています。

なので、まだ上方向への動きが再開することを想定して、押しの流れが終わったらロングエントリーしようと決めました。

エントリー&決済

という訳で、いつ押しが終わるか見てたんだけど、なかなか押しの時間が終わらない。思ってたところよりもずるずる押してきたので、まさか期待していた上昇トレンドへの転換が嘘で、ここから下抜けもあるか?と弱気になってきたところでロンドン時間が開始しました。

するとこのタイミングで、アジア時間中の押しのトレンドラインを上抜けてきたので、ここですばやくエントリー。欧州勢が入ってきたタイミングで動き出すことは本当によくあるので、この流れで押しが終わり上昇トレンドに発展することを狙います。

ただし、欧州勢の参入直後に動いた方向とは逆に一気に持っていかれることもよくあるので、直前の安値の下に損切りを置いて、最小限のダメージをコストに捧げて動き出した流れに賭けることにしました。

結果、みごとにロンドンタイム突入から一気に上げていきました。まさに思い描いた展開!!

しかし、前日も強めの動きから一気に反転してるし、前日高値を少し超えたところで勢いが弱まってきて一旦上昇の流れが終わったように感じたので、ここで約38pipsゲットで決済しました。改めて前日高値を超えて動きが強まるようなら再度ロングエントリーしようと思っての一旦決済。

結果的にはここから一気に押していったので、この判断は正解でした!

今後に向けて

今回のようにロンドンタイムからの流れに上手く乗れると強いですね。こんなトレードを毎回やりたいと思う。。

現在:37,636円 (続く…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です