【Day1】幸先いいスタート。豪ドル/円で100pipsゲットォォォ!!(2020.9.29→9.30)

本日2020年9月30日は、午前中にアメリカ大統領選に向けた第1回テレビ討論会が行われました。共和党のトランプ現大統領と民主党のバイデン候補の対決。

討論会の様子はというと、トランプ大統領が相変わらずのキャラクターで、人の話を遮りまくり、司会から注意される場面もあったとか。あまり建設的なディスカッションは行われず、お互いを非難しあうだけに終始したようです。

いまいちファンダメンタルについては分からないんですが、これがどう影響したのか、していないのか、ドルをはじめ主要通貨はおおよそ円に対して売られ、現時点では円が全面高になっています。

11月の大統領選がいよいよ迫ってきており、今回は為替にどんな動きをもたらすのでしょうか。今後も市場のマインドにどう影響するか、注意しておかないといけませんね。

相場の状態を確認

さあ億への道中日記1日目です。昨日(2020年9月29日)はどんな取引だったのか振り返ります。

「昨日」というか、実は今回は一昨日からポジションを持っていたので、一昨日の相場状態から振り返ります。

今回は(豪ドル/円)です。豪ドル/円はここ数日大幅に下げ、4月からずっと続いていた上昇相場のついに転換か、という状況です。しかし、数日前の高値から450pipsほど下げたところで、この辺りでショートカバーが入ってある程度戻すかなと考えていました。

4時間足を見ると、まだまだ下降中という感じですが、値幅的にもういい加減切り返しそうな気がします。こういう感覚的な行動はよくないですが、豪ドルは流れが変わったら逆方向には速いことが多いので、上向き目線で見守っていました。

1時間足で見ていくと、ここ1日で安値を少しずつ切り上げてきており、流れが変わりそうな雰囲気を出しています。直近のレジスタンスを上抜けたら、ロングエントリーしようと決めました。

今回の戦略
  豪ドル/円:2枚(20000通貨)
  安値切り上げから、直近レジスタンス上抜けでロングエントリー

エントリー&決済

しばらく見ていると、直近のレジスタンスを上抜けてきたので、少し出遅れた感があったけどロングエントリー。だましで逆に一気に持っていかれることも大いにあり得るので、さっきのレジスタンスのある程度下にストップ注文を置いて見守ります。

エントリーした直後はうまく上がってくれましたが。少し上にさらにレジスタンスがあり、これに動きを押さえられました。これを抜けてくれればいよいよ上向きが強くなってくるな、と思っていたんですが、なかなかこれを超えない。。むしろ少し含み損側に振れながらダラダラ約1日待ちました。

次の日の夕方からようやくクロス円が上昇を始めました!

ここからはしっかりと振り落とされないようにホールドします。ある程度上げてきたら、ストップを上に引き揚げながら、利食いしたくなる欲求を抑えて粘ります。

4時間足で雲に入ってくるあたりで数日前の高値からの1/3戻しにあたるので、この辺りで利食いを狙っていました。

そこで利食いできれば110pipsぐらいゲットだったのですが、時間帯的に9月30日朝の中国の指標発表および米大統領選討論会が迫ってきてて、そこから不規則に値が飛ぶと怖いので100pips利食いのポイントにストップを置いて、最低でも100pipsの利益を確保しました。さらに上に跳ねてくれたらラッキーだし、、、

って思ってたら速攻でストップが刈られて100pipsで終了となりました。

まあその後の値動きを見るとみごとに反落が始まったので、結果的にいいところで利食いできました!

2020.9.29の結果
  豪ドル/円:2枚(20000通貨)
  エントリー:74.508円 → 決済:75.508円
  損益:20,018円(100pips)

今後に向けて

1日目から幸先良いスタートを切りました。

でもだいたいこういう大きな利益を取れた後は、ずるずる小さな負けを繰り返してせっかくつかんだ利益が消しとんじゃうことが多いので、しっかり慎重に戦略立ててがんばろう。

現在:81,355円 (続く…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です